太りやすい人,太りにくい人

コレって遺伝!?太りやすい人と太りにくい人がいるのはどうして?

コレって遺伝!?太りやすい人と太りにくい人がいるのはどうして?

 

 

世の中には太りやすい人と太りにくい人がいますよね。

 

わたしは食べることが大好きで同じ趣味の友達と新しいパンケーキのお店が出来たら一緒に並んだりいつも同じものを食べ歩いていました。
わたしも友人も食べ物の好みは似ていて、運動は同じくほとんどせず。
だけどわたしはぽっちゃり体型で友人はガリガリでした。

 

この差はなんなのでしょうか?
うちの母親も太りやすいからもしかしたら遺伝なのかも…と親を恨んでみたり。

 

ではこれは遺伝のせいだけなのでしょうか?
そんなわたしが体質改善をして太りにくい体を手に入れたんです!
同じように悩んでいる人がいたら是非試してみてください。

 

 

 

同じもの食べていても違う!太りやすい人と太りにくい人がいる理由

コレって遺伝!?太りやすい人と太りにくい人がいるのはどうして?

 

 

同じものを食べていても太りやすい人と太りにくい人がいるのは何が違うのでしょうか?
それは「基礎代謝」の違いです。

 

基礎代謝というのは運動しなくても生きているだけで(呼吸や消化)消費するカロリーのことを指します。
太りにくい人は基礎代謝が高くエネルギーを多く使います。
反対に太りやすい人は基礎代謝が低く少ししかエネルギーを使わないので余った分は体に溜まっていくというわけです。
基礎代謝が低い体に生まれたのは遺伝のせいか…と落ち込む前にやれることはあります!

 

 

 

太りやすい人も楽々体質改善!太りにくい人になる3つの方法!

コレって遺伝!?太りやすい人と太りにくい人がいるのはどうして?

 

 

筋肉量を増やす

 

まず基礎代謝が高い体になるには筋肉の量を増やせばいいんです。
アスリートのようにムキムキになる必要はありません。
同じ体型、同じ体重でも筋肉量がある人の方がどんどんカロリーを消費する仕組みです。

 

海外のセレブやモデルなどがヨガやピラティス、ジムで汗を流しているのはカロリーを消費するだけでなく太りにくい体作りにもなっているんですね!
運動が苦手な人でも簡単にできるエクササイズのDVDやyoutubeなど今は手軽に見れるので自分に合ったものを探してやってみてください。

 

おススメは体幹トレーニングやスクワットです。
最初は5分からなど無理なく始めてみましょう。やり始めると意外と楽しく体がスッキリしますよ。

 

 

腸内環境を整える

 

食べたものをそのままスムーズに消化されれば体内に吸収されにくいので腸内環境が大事です。
腸内の善玉菌を増やすのが一番の近道ですので納豆、キムチなどの発酵食品、ビフィズス菌を含むヨーグルトを食べるのもおススメ。
ヨーグルトは色んな種類の菌のものが出ていますので日替わりで色々食べてみるのも腸にいいですよ。

 

 

意識して和食をとる

 

太りにくい体になるためには食事はとても大事です。
手軽に食べれるパンやうどんは血糖値が急激に上昇するのでなるべく避けたいです。

 

ですが炭水化物は体のエネルギーになるのでお米はしっかり摂りたいところ。
そうなるとやはり和食が一番私たちの体に合っています。
ジャンクフードや加工食品はなるべく避け、基本の和食を意識して食べるだけでもとても効果がありますよ。
それだけ私たちの生活に加工食品があふれているんです。

 

和食はお魚中心、食物繊維が豊富な野菜を多く使っていたり、油が少なかったりとても健康的ですよね。
和食と聞くと難しく聞こえますが切り身を焼くだけ、茹でた野菜を鰹節とだし醤油で和えるだけ、など簡単に出来るものも多くあります。
お鍋は野菜たっぷり、お肉や魚などバランス良く食べれる上に手軽でおススメです。

 

 

人間の体は食べたもので出来ています。
そう意識するだけで普段口にするものも少し変わってきますよ。

 

 

太りにくい人をうらやんだり「自分は太りやすいから」と嘆いてばかりいるだけでなく体質改善すれば太りにくい体が手に入ります。
太りにくい体になるために努力すれば自然と体も健康になり良い事ばかりです。
是非試してみてくださいね!

 

 

太りやすい人も試してみるべき?121種類の酵素と乳酸菌で体質改善は出来るのか!?